第43回卒業式

すっきりとした青空の好天に。コロナウィルスの影響でほとんど練習できなかった子供たちでしたが、本番にはめっぽう強いふじみっ子です。どんなに緊張していても、動じることなく、一人ひとりがしっかりとした挨拶と所作で修了証書を園長から受け取り、元気にたくさんの歌をうたい、お家のみなさんにもきちんと感謝の気持ちを伝えることができました。

ご卒業、おめでとうございます。

式の後の園庭では、卒業した喜びも相まって、さらにエネルギッシュに躍動する子供たち。4月から始まる小学校生活でも、その調子で思いっきり楽しんでください。どんな状況でも、やればできるふじみっ子、慌てず焦らずじっくりと、そして、やればやるほどうまくなるふじみっ子、蓄えたパワーをいつでも存分に発揮できるように、一日一日を大切に過ごしてくれることを願っています。

来月のプレイパーク開催は難しいかもしれません。大型連休明けのプレイパークの頃には少しでも状況が良い方向に進んでいることを心から祈るばかりです。子供たちはもちろん、保護者の皆様も、いつもとは違った春、新学期を迎えることになりそうですが、そんな時こそ、親と子と先生がともに力を合わせれば、きっとこの状況も、乗り越えることができると確信しています。

卒業しても、ずっと、ふじみっ子。いつでも幼稚園に足を運んでください。みんなの成長と笑顔が、先生たちの糧となり、富士見幼稚園を支える礎になります。

改めて、卒業おめでとうございます。

在園児の皆様へ:明日は代休となります。