「最」高の年末年始を

今年の漢字は「災」でした。これはこれで分かるのですが、これで締めくくるのもなんだか湿っぽいですね。同じ「さい」でも、富士見幼稚園ですから、「祭」でしょうか。ふじみまつりを筆頭に、運動会=ふじみスポーツフェスティバル、プレイデー(ミニ運動会)、鳩の会バザーも、客車劇場も、プレイパークも、みんなが集まって楽しい時間を過ごすという意味で、すべて「祭」だと思います。

もう一つは「彩」でしょうか。色彩の彩、です。一人ひとりの、個性あふれる子供たちが登園して仲間と触れあい交流するこの幼稚園という空間は、まさに多様性のぎっしり詰まった、彩り鮮やかな特別な場所です。そして、一人ひとりが持っている「才」を最大限に育てる・伸ばす場所です。

今年一年、子供たちにも、保護者のみなさんにも、大変お世話になりました。来年も「最」高の年になることを、さらに、亥年なので、良い意味で、子供たちと猪突猛進できることを、心から願っています。良い年をお迎えください。