ままごとも、ここまでくると芸術作品かもしれません